DEPARTMENT
部門紹介

第2製造部/1課本社工場
      /2課第2工場

技術革新により高精度、高品質を目指す
第2製造部では主に、フープめっき【錫リフローめっき、金めっき、ニッケルめっき、パラジウム−ニッケルめっき、銀めっき、錫(光沢・半光沢)めっき、錫銅めっき、銅めっき】を製造しています。

めっき技術詳細へ

第1製造部
2課第2工場

Production line

製造ライン

錫リフローめっき
錫リフローめっき(下地めっき:ニッケル・銅)

鉛フリーはんだめっきの中でもとりわけウィスカー制御効果が大きいとされる錫リフローめっきを材料やリードピンのみならず、シェルやシールドケース形状など、多種多様な製品にリフロー処理をしています。

自社設計による生産ライン

当社では、遮蔽板・専用治具・ドラムなどを自社設計することにより、お客様のあらゆる要求に敏速に応え、材料やブランク材への先めっき品やコネクター・ハーネス・リードフレームなどの後めっき品など、さまざまな品種に対応し、携帯電話や自動車部品、電子部品に欠かすことのできない高品質な製品をお届けします。

特殊なめっきや試作品にも対応

テープマスキング方式・ドラム方式・専用治具方式をはじめとする、それぞれの利点を活かした部分めっきから、特殊なめっき加工や一点ものの試作品の製造まで、お客様の望むあらゆる製品を作り上げます。当社で経験したことのない場合でも、加工を実現するため、新しいめっき技術に積極的に挑戦します。コストの低減や技術的なアドバイスなど、めっきのことなら何でもご相談ください。

高速電気ニッケル・錫リフローライン(下地めっき:ニッケル)

フリーはんだめっきの中でもとりわけウィスカー抑制効果の大きいと考えられる錫リフローめっきを施すラインです。このラインには画像処理装置を設置。

高速ニッケル・パラジウム・金(スポット)ライン
高速ニッケル・パラジウム・金(スポット)ライン

各めっき被膜の厚さをナノ単位で管理することにより、各電子部品のはんだ接合時のはんだの濡れ性を意図的に制御することが可能です(SR処理)。また、自社設計による遮蔽版・専用治具・ドラム等を使用することにより、お客様の貴金属の減量要求に迅速に対応させていただきます。めっき仕上がりのチェックを行っています。

高速光沢銀めっきライン
高速光沢銀めっきライン

広幅(120mm幅まで)の素材にニッケルめっき・光沢銀めっきを施すことが可能です。広幅の材料から2段3段取り加工することで、コストダウンを追求します。
(硬度 70~100HV、80~120HV、130~170HV、170~210V、バラエティー豊かに、ニーズに対応)